CHECK

イベントや花火など通常では撮影できないことも挑戦!?ドローン撮影の雑学をご紹介

テレビドラマのシーンでも使用される機会が多くなっているドローン撮影ですが、花火大会のときなどにもドローン撮影を使うと地上や海の上から見るものとは違った迫力ある映像を収めることができます。ただ、花火のときはある程度距離を置いて撮影をしないと花火が直撃するなど事故につながるため注意が必要です。他にも、断崖絶壁の場所から空中に飛ばすようにドローンを撮影することで迫力ある映像を収めることができるなど、人間が普段目にできない写真や映像を得られるメリットは大きいといえましょう。

ドローン撮影をする前に知っておきたい国土交通省の許可が必要なケースとは?

ドローン撮影は魅力的な空撮映像を制作するための素晴らしいツールとして急速に普及していますが、国土交通省の規制に従うことが不可欠です。ドローンの安全な運用とプライバシーの保護を確保するために、さまざまなケースで許可を要求しています。 ドローンを飛ばすためには空港や飛行場の周りでの飛行について許可を取得する必要があります。航空機との衝突を避けるために、特にこれらのエリアでは厳格な制約が設けられています。人口密集地域や市街地でのドローン飛行は、事前の許可が必要です。プライバシーと安全性の配慮が必要です。 夜間にドローン撮影をする場合、特別な許可を取得する必要があります。適切な照明とセーフティ対策が必要です。一定の標高以上での飛行も許可が必要で、特に高い山岳地帯などでは、航空交通との調整もいります。特殊な飛行操作、例えばドローンを人に乗せる場合や飛行船に関連する場合など、特別なケースでは詳細な審査が必要です。 許可を取得するためには申請書類や手続きが必要で、時間と労力を要します。許可を得た場合でも、適切な飛行ルールやセーフティガイドラインに従うことが重要です。ドローン操作には責任と配慮が求められ、法令遵守が不可欠です。国土交通省の規制を遵守し、ドローンを安全かつ責任ある方法で活用することが、素晴らしい空撮映像を制作する鍵です。

ドローン撮影における飛行許可申請の種類

ドローン撮影する際の飛行許可申請には「個別申請」と「包括申請」という2種類があります。個別申請は期日や経路など、1回ごとに許可をとる方法です。包括申請は期日や経路などを指定することなく、まとめて許可をとります。 ドローン撮影で個別の届け出を行うのは飛行場の周辺で撮影する場合や人口密集地域で飛行する場合、夜間や悪天候で飛行する場合や150m以上の高度がある場合などです。人や物に近づいて飛ばす場合にも許可が必要です。飛行場の管理者や警察などの関係機関に事前に連絡し、飛行計画や安全対策などを提出します。ドローン撮影の前後にも報告を行います。 包括の届け出をするのは飛行場の周辺以外でドローン撮影する場合や人や物から一定の距離を保って撮影する場合など、事故が起きにくい条件や事故が起きても被害が出にくい条件が揃っているときです。国土交通省に飛行許可申請書を提出し、許可を受けます。撮影の前日に関係機関に連絡し、日時や場所などを通知すれば、期間内であれば何度でも飛ばすことができます。

オンライン申請ならドローン撮影もスムーズに行える

オンライン申請ならドローン撮影の手続きも驚くほどスムーズに行えます。昨今ドローン撮影はその多様な用途からますます人気を集めており、風景写真、不動産のプロモーション、建設プロジェクトの進捗管理など、様々な分野で利用されています。しかしドローンを空に上げるためには、許可やライセンスなどの法的手続きが必要です。ここでオンライン申請の利点が光ります。 従来の手続きでは市役所や関連する公的機関に出向いて申請書を提出し、許可を得るために長い時間がかかることがありました。しかし利用することで、その手間を大幅に軽減することができます。ネット上で必要な情報を入力し、必要な書類をアップロードするだけで、許可の申請が完了します。 また通常、申請の進捗状況をリアルタイムで確認できる機能を提供しています。これにより、申請が受理され、許可が下りるまでのプロセスを簡単にトラッキングすることができます。過去の紙の申請では、進捗が不透明であったり、情報の ドローン撮影をはじめとする多くの分野で便益をもたらしています。煩雑な手続きをシンプルにし、時間とリソースを節約するだけでなく、より効率的に活動を行うための基盤を提供しています。したがってドローン愛好家やプロフェッショナルにとって、オンラインは未来の申請プロセスのスタンダードとなる可能性が高いです。

ドローン撮影の申請許可は10時間以上の操縦訓練が必須

ドローン撮影の申請許可を取得するには、10時間以上の操縦訓練が必須とされています。これは安全な飛行と周囲の環境へのリスク軽減を確保するために非常に重要な要素です。なぜならドローンの操縦は技術と責任を伴うものであり、未熟な操縦者が飛行を試みることは事故や危険を招く可能性が高まるからです。 10時間以上の訓練を受けることはドローンを制御するスキルを磨き、様々な飛行状況に適応できるようにするための重要なステップです。訓練を受けることで、ドローンの基本操作から高度な技術までを習得し、予期せぬ問題に対処する準備をすることができます。 また法的要件を満たすためにも不可欠です。多くの国や地域では、ドローンの飛行には許可が必要であり、操縦者は訓練と技能を持っていることを証明する必要があります。訓練を受けずにドローンを操作することは法律違反となり、罰則が科される可能性があります。 ドローン撮影の申請許可を取得するためには、10時間以上の操縦訓練を受けることが必要です。これは、安全性と法的要件を満たすために不可欠なステップであり、操縦者自身と周囲の人々の安全を確保するために重要な役割を果たします。操縦者は訓練と責任を持ち、ドローンを安全に運航できる能力を習得するために時間と努力を惜しまなければなりません。

ドローン撮影の構図の基本①:2分割法や3分割法による撮影テクニック

ドローン撮影は美しい風景や建物を効果的に捉えるための優れた方法の一つとして急速に人気を集めています。特に2分割法と3分割法は、プロの写真家やアマチュアフォトグラファーの間で広く使用されているテクニックです。これらの方法を使用することで、驚くほどの航空写真を撮影することができます。 2分割法は画面を水平または垂直に2つに分割し、被写体を左右または上下に配置する方法です。例えば空と地面、山と湖、建物と空を分割することができます。この方法を使用することで、被写体の重要性を強調し、バランスの取れた写真を撮影することができます。日の出や日の入りのような美しい瞬間を捉えるのにも適しています。太陽が水平線に近い位置にある場合、水平に2分割することで美しいシルエット写真を撮影することができます。 一方3分割法は、ドローン撮影において画面を水平と垂直に3つに分割し、被写体をこれらのライン上に配置する方法です。この方法を使用することで、写真に深みとバランスを持たせることができます。たとえば空、山、湖、建物などの要素を画面内に配置し、それぞれの要素が均等に配置されるように注意します。この方法を使用することで、ドローンからの撮影でも景色を効果的に表現できます。

ドローン撮影の構図の基本②:撮影したい被写体を中心に写す日の丸構図

ドローン撮影は、現代のテクノロジーが提供する素晴らしい手段の一つであり、被写体を中心に写す日の丸構図は、美しい風景や印象的な瞬間を捉えるための魅力的な方法の一つです。 空から見る世界は地上からの視点とはまったく異なり、新しい視野を開くことができます。被写体を中心に写す日の丸構図は、視点を的確に設定し、被写体を際立たせるための優れた方法です。例えば美しい自然景色を捉える場合、山々や湖、森林などを背景に、中心に配置された風景や建物が圧倒的な存在感を放ちます。このような構図は写真に深みと迫力を与え、観る人の目を引き付けます。 ドローン撮影は都市の風景や建物、ランドマークの撮影にも適しています。高度な視点からの撮影によって、通常は見ることのできない角度やパースペクティブを捉えることができ、建物や都市の美しさが際立ちます。夜景の撮影においても、ライトアップされた建物や街の明かりが、中心に映し出されることで、美しい光景が生まれます。 新しい視点を提供し美しい瞬間や風景を捉えるための貴重なツールです。被写体を中心に写すことで、写真に深みと迫力を与え、観る人に感動を与えることができます。この技術を駆使して素晴らしい写真を撮影し、世界の美しさを広めていきましょう。

ドローン撮影の構図の基本③:S字構図やC字構図とも呼ばれる曲線構図

ドローン撮影は近年急速に普及し、美しい風景や建造物を新たな視点から捉えるための素晴らしいツールとなっています。その中でもS字やC字とも呼ばれる曲線構図は特に魅力的であり、視覚的に魅了される要素が多く詰まっています。空中から撮影する際に曲線のように美しく流れる要素を含んだ構図のことです。自然の風景や都市の景観を引き立て、鑑賞者に視覚的な魅力を提供します。たとえば川や道路が曲線を描く風景で使用することで、画面に動きを持たせ、写真や映像に深みを与えます。 C字は空中から見たときに、Cの形状を持つ要素を中心に配置した構図です。建造物や山脈、湖などの特定の地形やオブジェクトを強調するのに適しています。C字を用いることで対象物を見事にフレームに収め観察者に自然の美しさや建築物の壮大さを伝えます。 ドローンを使用することで、これらの構図を実現するのは比較的容易であり、その結果美しい空撮写真や映像が生まれます。また、高度な操縦技術とクリエイティブなアイデアが組み合わさることで、さらに印象的な作品が制作されることでしょう。S字やC字を用いたドローン撮影は、新たな視点から世界を見せてくれる素晴らしい芸術形式です。これらの曲線構図は美しさとクリエイティビティを融合させ視覚体験を豊かにします。ドローン技術の進化とクリエイターの想像力に期待が高まります。

ドローン撮影の構図の基本④:対角線上に被写体を配置する対角構図

対角構図とは、フレームの中にある対角線上に被写体を配置する構図です。この構図を利用することで、写真に奥行き感やダイナミックさが生まれます。必ずしも対角線になっていなくても、写真の中で斜めの線を意識するだけで対角構図と言え、様々なシーンで利用可能です。 対角線はフレームの中で最も長い線であるため、被写体に視線を誘導する効果があります。斜めの線は、水平や垂直に比べてスピード感や動きを感じさせます。フレームの対角点を結ぶため、写真にバランスや安定感を与えることも可能です。山や建物などの被写体自体が傾いた線に沿っている場合は、その形を強調するように撮影します。フレーム内の要素で斜線を作り、その上に被写体を配置することでも同様の効果が得られます。建物自体が対角線に沿っていなくても、建物の連なりを撮ることで対角線を意識した写真になります。直線に伸びた道路を斜めの線として捉えることができるのは、ドローン撮影ならではです。橋を上空からドローン撮影するときも、斜めのラインを意識すると躍動感が生まれます。

ドローン撮影の構図の基本⑤:フレームの中に三角形を入れる三角構図

ドローン撮影では風景がメインとなるため、印象の薄い平凡な風景写真にしないために構図を考えることが重要になります。三角構図は、被写体の配置を考えるときの基本的なパターンの1つです。画面内の要素を三角を意識して配置します。すると重心が下にあるため安定感があり、重厚感を与えることができます。尖塔を持つ教会などの建物やモニュメントなど被写体自体が三角形でも、三角形になるように配置しても使えます。 被写体が三角形をしていれば、山や木などが強調されます。カルデラを、上空からドローン撮影する時などにもぴったりです。 配置によって作る場合にはフレーム内の要素で三角形を作り、その中に被写体を入れます。頂点になる部分に主役を置くと、視線を誘導する効果が得られます。構図の真ん中に上下方向で利用すると、飛翔するイメージなどのかっこいい写真が撮れます。被写体が三角形の斜めのラインに沿っていると、奥行き感や動きのある写真にすることができます。

大阪 ドローン撮影に関する情報サイト
ドローン撮影の雑学

このサイトは、普段の撮影では困難な空撮を実現してくれる特殊なカメラの雑学をご紹介しています。空撮は、各種イベントや花火大会など地上からの景色とは違った映像を提供してくれます。ここでは、撮像素子とはどのような意味を持つのかカメラの基礎知識も分かるコンテンツを用意しています。カメラの知識はドローン撮影を行う中で必要になるもので、他にもレンズはオートフォーカスになっているのでピント合わせが楽など雑学をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search